一針多助 動物のための鍼灸漢方広場

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 運営

ちょい足し薬膳レシピ

春の養生のポイント

春は植物が芽吹き、万物が成長を始める季節です。一方で冬の間にため込んだ不要なものを外に排出する季節でもあり、不要物の排出、解毒する機能をつかさどる『肝』の機能を助けることが重要です。春は新生活がスタートする方も多いかと思いますが、慣れるまでイライラし、ストレスが溜まりやすく、自律神経系や免疫のバランスを崩しやすい季節でもあり、花粉症などのアレルギー疾患も増えます。『肝』を養生する食材を摂り、リラックスしてゆっくりと過ごすことを心がけましょう。

春の養生のポイント
(犬猫向け)



犬に使いやすい食物 紫蘇(大葉) 菜の花 なつめ レバー 人参 ジャガイモ サツマイモ レモン レタス 豆腐 黒きくらげ 陳皮 パセリ アーモンド(ミルク)
お勧めレシピ(薬膳百香) 菜の花の白和え(菜の花、豆腐、枸杞子)
花粉症予防の薬膳お焼き(蓮根、紫蘇(大葉)、豆腐、ハト麦粉)
セロリとレモンの肉団子のスープ(セロリ、鶏肉、山芋、レモン、レタス、パセリ)

春のお勧め薬膳食材「アーモンド(ミルク)」

アーモンド:

アーモンドにはビタミンEがゴマの約300倍、またビタミンB2も豊富に含有。ビタミンEは抗酸化作用、ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を補助する働きがある。またアーモンドにはオレイン酸含有でコレステロールを下げる働きがあり、またアーモンドの粒にはミネラルも豊富でカルシウム、カリウム、マンガン、鉄、 リン、マグネシウムも含有しているため、骨や血液の成分になり、体の調子を整えてくれます。食物繊維はレタスの約9倍、ごぼうの約1.6倍も含有しており、腸内のバランスを整える働きもある。アーモンドミルクとして摂取したほうが、そのまま食べるよりも吸収率が良い。

  • 薬膳百香
  • ちょい足し「薬膳」レシピ